クルマの"操作力"を測定し"運転"に繋げる。

 

ドライバー・テストステーション(以下DTS)は一般的知られている"シミューレーター"ではなく、クルマの操作に必要な反応、筋力、忍耐力などを

細かく数値化することで、これから運転免許を取得、もしくは運転再開を考えているドライバーにとって必要なクルマへのアダプテーションと

リハビリの方向性などを細かく具体的に計画、デザインすることができる"測定器"です。

各測定結果が低いからといって"運転"ができないということではなく、運転に必要なものをどう補うのか?を見つけることがDTSの役割です。

当サイトのコンテンツの著作権は、明記されている場合をのぞき、すべて株式会社オフィス清水、オートアダプトABに帰属します。

当サイトの内容等を許可なく複製および販売、出版、放送等に利用することを禁じます。

Copyright Office Shimizu, Autoadapt AB All Rights Reserved.