ドライバー・テストステーション(以下DTS)で測定できる項目は、

 

-ストレングステスト(筋力測定)

-タイマーテスト(忍耐力測定)
-リアクションテスト(反応力測定)

 

の3つにカテゴリー分けされています。

ドライバーのハンドルを回す、ハンドコントロールを押す/引く、ペダルを踏むなどといった操作をどれくらいの力で行うことができるのかを測定・数値化することで、運転予定のクルマに対しての安定した操作力、もしくは最適とされるクルマのアドバイス。必要なリハビリテーションの方向性を具体的に提案することができます。

もっと詳しく>>

ドライバーの癖や忍耐力をクルマの操作という観点から客観的に測定することができます。実際の運転で起こりうるドライバーの焦りや緊張などを客観的な数値として把握することで、ドライバー本人が納得しづらい運転への考え方の"気づき"のきっかけとなります。

もっと詳しく>>

指示された通りの操作を行うことで、ある事象に対してのドライバーの反応力やそれにともなう体の動き、情報処理能力、思考の流れなどを客観的に分析することができます。各動作を細かく数値化するので必要なリハビリテーションとクルマに対して必要なアダプテーションの方向性を具体的に提案することができます。

もっと詳しく>>

当サイトのコンテンツの著作権は、明記されている場合をのぞき、すべて株式会社オフィス清水、オートアダプトABに帰属します。

当サイトの内容等を許可なく複製および販売、出版、放送等に利用することを禁じます。

Copyright Office Shimizu, Autoadapt AB All Rights Reserved.